一口馬主運用費用

一口馬主運用費用

みなさま初めましてUGと申します

ここでは一口馬主になりたい方が一番気になる一口馬主になるための費用のことを少し書いていこうと思います。

一口馬主は少ない頭数での出資でしたら、たいした費用は発生しません。趣味として十分に楽しめる娯楽の範囲内であると思います。しかし、頭数が増えれば増えるほどに費用も増えていきますが、同時に馬主としての楽しみも増えていきます。

投資としての一口馬主でも、応援としての出資でも明確な維持費がわかっていると自分に合った出資のやり方が見えてくると思います。各クラブ毎に、出資費用/月会費/維持費などすべてが変わってきますので、しっかりと一口運用費用を把握することはとても大事だと思います

一口馬主でかかる大まかな費用

かえで
かえで

ここでは大まかに一口馬主にかかる費用を見ていきます

  1. 出資馬への出資金
  2. クラブへの月会費
  3. 出資馬の維持費
  4. 出資馬への保険費用(年に1回の支払い)

まずは出資馬への出資金ですね。クラブ毎に募集価格/募集口数が違いますので、価格は様々な設定になっています。40口クラブでの出資金は少なくても1口40万円以上の価格になることが多いです。400口クラブでの出資金は1口4万円くらいでの募集が平均的な価格なのではないでしょうか。

次にクラブに入会することで発生する月会費になります。月会費もクラブ毎で価格が変わってきますので、入会前にしっかりと入会予定のクラブの月会費を知ることは非常に大事になってきます。

維持費用の話は下の欄で触れていきます。

一口クラブのクラブごとの維持費(入厩前/入厩後)

クラブの月会費は入会してから発生しますが、出資馬の維持費は2歳になった1月から発生し始めます。100口クラブの入厩後の維持費は月/7000円ほどかかりますが、入厩していない出資馬の費用はその半分だと考えてもらえれば平気です。

実際に入会しているラフィアンさんとウインさんの出資馬の月の維持費を出します。

  • ラフィアン 100口募集 月維持費/入厩前 3500円 入厩中/7000円 +月会費 3000円
  • ウイン 400口募集 月維持費/入厩前 910円 入厩中/1500円 +月会費 2000円

下の👇表が各クラブの入会金などを含めた費用の一覧になります。

クラブ名募集口数入会金月会費一口あたりの維持費募集時期各クラブホームページ
サンデーサラブレッドクラブ40口33,000円33,00円15,000円6月https://www.sundaytc.co.jp/
社台サラブレッドクラブ40口33,000円33,00円15,000円6月https://www.shadaitc.co.jp/
G1サラブレッドクラブ40口33,000円1,650円15,000円6月https://www.g1tc.co.jp/
キャロットクラブ400 口22,000円3,300円1,500円9月https://carrotclub.net/
シルクホースクラブ500 口11,0003,3001,200円7月https://www.silkhorseclub.jp/
東京サラブレッドクラブ400口11,000円3,080円1,500円7月https://www.tokyo-tc.com/
グリーンファーム愛馬会200 口19,800 円3,300 円3,000円8月http://www.greenfarm.co.jp/
ターファイトクラブ200 口10,000 円3,300円3,000円8月https://www.turfight.com/
ユニオンオーナーズクラブ100/500口22,000円3,300円1,200~7,000円7月https://www.union-oc.co.jp/
サラブレッドクラブライオン
400/1000 口

21,000 円
3,150 円500~3,000円10月http://www.tc-lion.com/
ラフィアンターフマンクラブ100口20,000円3,000円7,000円7月https://www.ruffian.co.jp/
ウインレーシングクラブ400口20,000円2,000円1,500円8月https://www.win-rc.co.jp/
ノルマンディーオーナーズクラブ400口10,000円1,000円1,500円10月https://www.normandyoc.com/
ローレルクラブ200/500口11,000円3,300円1,500~3,000円9月http://www.laurelclub.com/
大樹レーシングクラブ400口10,000円2,750円1,500円8月https://www.taiki-rc.com/
ロードサラブレッドオーナーズ500 口11,0002,750円1,400円10月https://www.lord-to.co.jp/
ワラウカド500口11,000円2,200円1,500円8月https://www.waraukado.club/
友駿ホースクラブ愛馬会500口10,000円3,740円1,000円12月http://www.yusyun-hc.co.jp/
京都サラブレッドクラブ500 口0円550円~5,500 円1,500円12月https://kyoto-tc.jp/
インゼルサラブレッドクラブ500口 11,000円1,980~2,980円1,600円10月https://inseltc.com/

実際の賞金

ここでは実際の賞金の話をしたいと思います

私自身が入会しているクラブ👇

かえで
かえで
  1. ラフィアン
  2. ウイン
  3. ノルマンディー
  4. ロード

上記の4クラブで獲得できた賞金のリアルな収支を元に、どれくらいの賞金をもらえれば維持費/会費をまかなえるかを話していきます。

ロードさんで出資しているロードデルレイが新馬戦を勝利後、1勝クラスも勝利しています。その時の賞金を元に収支を見ていきます

馬名一口価格所属クラブ月会費月維持費レース名一口獲得賞金
ロードデルレイ70,000円ロードサラブレッドオーナーズ2,750円1,400円2歳新馬9,000円
ロードデルレイ70,000円ロードサラブレッドオーナーズ2,750円1,400円つばき賞(1勝C)15,000円

ロードさんは500口募集のクラブなので、出資馬の月維持費はさほどかかりません。しかし、新馬戦勝ちで9,000円の賞金を獲得出来たとしても、一口出資金(60,000円)を回収するためには7倍の賞金が必要になります。

更に毎月の維持費(1,400円)/月会費(2,750円)を回収しつつ、一口出資金以上の賞金を獲得することは簡単な事ではないです。

毎月の月会費が安く、勝率、出走率が高いクラブが理想的です。

月会費が低めに設定されているクラブ

ここでは月会費が低めに設定されているクラブを見ていきたいと思います。現在の最安値クラブの月会費価格が1,000円です。そして、月会費の最高価格が5,500円になっています。

月会費が高いクラブでも様々なサービスを提供するからこそ、月会費が高めの設置の場合もあります。クラブ内で使用できるポイントを毎月付与してもらえたり、毎年無料で一口出資できる権利をもらえる場合もあります。クラブポイントを貯めて出資金に充てたりすることもできるので、月会費が高くても、ポイントの付与率の高いクラブに入会するのも一つの戦略なのかもしれません。

しかし、ここでは純粋な月会費を抑えて出費を少なくできるクラブを見ていこうと思います。

かえで
かえで

月会費が低めに設定されているクラブ順位を発表させてもらいます。

  1. ノルマンディーオーナーズクラブ 月会費 1,000円
  2. G1サラブレッドクラブ 月会費 1,650円
  3. ウインレーシングクラブ 月会費 2,000円

上記の3クラブが月会費が抑えられえる3クラブです。

以上が大体の一口馬主でかかる費用の話でした。様々な価格設定の一口馬主クラブがありますので、無理のない範囲で出資していけるクラブで、競馬ライフを楽しむのことができたらそれが一番だと思います。私自身これからも長く一口馬主を楽しんでいきたいと思います。